過払い金 レイク

1.取引履歴の廃棄
2.取引の分断
3.日本GEからの補償打切り


レイクの過払い金請求ポイントです。


1.取引履歴の廃棄
平成5年10月以前の取引履歴は廃棄して存在しないので、
該当期間の取引履歴開示に応じてくれません。
(訴訟でも)

推定計算も認めてくれないので、
裁判の結果に委ねるしか現状内と思います。


2.取引の分断
借入から次の借入まで1年以上空いている状態です。

1回目と2回目のキャッシング分断
→1回目の完済から10年以上経過している場合は、
時効成立で返還に応じない可能性があります。


3.日本GEからの補償打切り
請求損失を日本GEが補償しなくなりました。
(請求に応じる資金源がひとつ減りました)


株式会社新生銀行が運営しているので、
経営面は割と安定していますが、
過払い金請求の対応として縮小傾向にあると思います。